使う予定だったサンルーム

うちには専業主婦はいませんが、でもだからこそ生活動線は家事目線で作った方が仕事帰りの家事でも楽だなと思いました。そこで我が家が草津市内で建てた注文住宅に作ったのはサンルームです。1階にある洗濯機で洗濯物を洗った後、2階のベランダまで干しに行かなくても良いようにと思ってのことです。しかし、今はサンルームがなかったかのように2階で洗濯物を干しています。その理由は何故か。やっぱり晴れているなら外で干したいからです!

 

晴天でこんなに風が気持ちいいのに、何故部屋干しをしているのだろうと思ってしまうのです。サンルームにも窓があって開けられるのですが、それでもやっぱり外に出した方が気持ちよく服が着られるなと感じてしまいます。これによって開かずの間となったサンルーム。今は一応干せる環境は整っているので、雨に濡れたレインコート干し場となっています。収納スペースとしても使えるので、車のタイヤを入れたり折りたたみ椅子を入れたり、何かと少し大きめのものを入れています。庭にも近いので、思いのほか園芸用品の収納場所ができたりしました。

 

当初は予想していなかった使い方ですが、一度使いにくいと思ってしまえば人間そこを我慢して使わないということがわかりました。ペットが買ってあげたグッズを使わず、お気に入りのグッズだけを使うのと似ているなと思いました。生活をシミュレーションして家を建てても、それをどのように使うようになるかは住んでみないとわかりませんでした。

 

1階で、しかも外で洗濯物が干したいのであれば、ウッドデッキが良かったかなと思います。しかし、メンテナンスが大変そうですし、木材なのに雨風にさらされるのはデメリットです。洗濯物が見えないように周りに柵や植木で目隠しを作ることを考えると、外構費がかさんできそうなので費用もそれなりに入りますね。当時は考えませんでしたが、サンルームと勝負させるとどっちが安いのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを考慮してつけたいですね。

PR|生命保険の口コミ.COM住宅リフォーム総合情報内職 アルバイトショッピングカート貯蓄英語上達の秘訣SEOアクセスアップ相互リンク集家計見直しクラブGetMoneyJALカードお小遣いNETサプリメントオーディオマッサージのリアル口コミ.com健康マニアによる無病ライフ|