一戸建て住宅は無理に押し切って決めない事

熊本市にマイホームを建てるときに思ったことですが、「あ、この家、無理だな」と直感的に感じる住宅には手を出さないに越したことはないとも思います。最近では、中古住宅を安い価格で購入して、そしてリフォームないしリノベーションをして住むという人もいますけれど、しかし安いからといって無理に押し切るのは、やっぱりやめておいた方がいいと思うのです。それは建売住宅にしましても、注文住宅を建てる予定の土地にしても、同じことは思いますね。

 

霊感的なものを信じるわけではないのですが、とくに一戸建て住宅に関しては、「縁」とか「タイミング」とか、目に見えないものが働いているようにも思うのですよね。我が家にしてもそうですけれど、私の周辺の人たちにしても、「導かれるように縁がつながっていって、マイホームを建てることになった」という人は多い印象ですからね。

 

そして反対に、「感じるところはあったけど、でも安いから無理に押し切った」という人は、結局その家を手放す結果になっていたりしますからね。住宅ローンを考える上でも、無理をしないということは大事ですが、しかし直感的に「ここダメ」と思った感情を安さに惹かれて抑えてしまったら、よくない結果が待っている可能性もある…と、私はこれまでの周囲の話からも思うのですよね。やっぱり家を買う時って「縁」ってあると思いますから。無理に押し切るのは違うかなーと思います。